小顔にするには

顔がふっくらしているとか、頬がふっくらしているとか、顔について悩んでいることはたくさんあると思います。

頬がたるんでいると年齢より老けた印象を与えることもあり、悩みはさらに増したりすることがあります。

ボトックス注射で小顔にする方法もありますが、頬に脂肪がたまっている場合は、頬の脂肪吸引です。

頬の脂肪をとることでたるみを解消でき、すっきりとした印象を与えることができます。

頬がすっきりすると年齢より若い印象になる可能性もあるため脂肪吸引効果があるとも言われています。

しかし、実際に脂肪吸引の映像などをTVで見ていると、ちょっと怖いですよね。

頬の脂肪吸引に限らず、脂肪吸引の仕上がりの度合いは医師の技術次第だと言っても過言ではないと思います。

経験、知識、技術がある医師が施術してくれるのであれば失敗を心配する必要はほとんどないかもしれませんが、そうでない医師が施術すると頬がたるんでしまったり、老け顔になったりという失敗をする可能性が高くなってきます。

ですから、施術する際にはきちんと医師と話をした上で決断をしたほうがいいと思います。

実際に頬の脂肪吸引をしたあとは、しばらくの間は腫れてしまいますので、腫れを防ぐ、または顔のたるみをおさえるためにテーピングをする必要があります。

これをすることで頬の引き締め効果を期待することが可能です。

テーピングをするのは通常2?3日位ですので、施術するときにはそのことも頭に入れておくようにしましょう。

また最近は、切開して吸引んするのではなく、メソセラピーといって、脂肪溶解注射という、脂肪を溶かす注射によって、脂肪を減らしてしまうという方法もあります。