脱毛時の肌トラブルに注意

だんだん、夏が近づいてきましたが、夏といえば肌トラブル肌老化の心配な季節です。

 

脱毛や、紫外線対策などで逆に肌を傷めることがあることがアルからです。

 

最近は特に、エステなどでの永久脱毛などがはやっていますし、自宅でできる、携帯用のレーザー脱毛機なども出ていますので、手軽にできることから、多くの人が脱毛をしています。

 

ただ、その分脱毛による肌トラブルで、毛穴が目立つようになったしまったとか、くすみができてしまったなど、肌のトラブルを体験してしまう人も多くいます。

 

とくに、アトピー傾向の人や敏感肌の人は、脱毛には最新の注意を払う必要があります。

 

脱毛クリームやレーザー脱毛、光脱毛、シェーバーなど色々な方法がありますが、どの方法も必ず安全とはいえませんので、じゅぅぶん注意を払って脱毛しなければいけませんね。

 

脱毛して美肌を手に入れるても、一時的なことで、長い目でみると、加齢時の肌の老化を早めるだけであることがおおいのです。

女性ホルモンと若返り

女性の肌はターンオーバーを続けながら生まれ変わっています。

このターンオーバーがうまくできると美肌を保ち続けることができます。

肌細胞は28周期で生まれ変わり続けています。

若いときはこのターンオーバーが活発にできますが、年齢を重ねると、古い角質がそのまま残ってしまいます。

この流れを良くするためにも細胞を活発にさせる必要があります。

若返りのためには女性ホルモンが必要です。女性ホルモンは女性らしさを活発にさせるほか、肌を潤わせてしっとりさせる役目も担っています。

ストレスなどで女性ホルモンが乱れると吹き出物などさまざまな症状が出てきます。

ホルモン注射などもありますので、女性ホルモンが減ってきたらまず病院で検査してもらうとよいでしょう。

美肌を保つポイントとして、毛穴の汚れについての対策が必要です。毛穴に汚れが詰まる原因は下の三つといえるでしょう。 ○皮脂の過剰分泌 ○年齢 ○洗顔不足・クレンジング不足○皮脂の過剰分泌は、基本的に生活スタイルによるものです。例えば、欧米のお肉やハンバーガー中心の生活によるものや、ホルモンバランスが崩れる事で起き、また、10代の思春期の頃も多く見られるようです。○年齢を経ていく毎に、老化で毛穴はどん...